交通事故の被害者が弁護士に相談をするメリットは確かにあるのですが、どのような弁護士でもよいわけではありません。きちんと弁護士を選ばなければ、あまりメリットが得られなくなるでしょう。そこで弁護士の選び方について紹介しましょう。

弁護士まずは交通事故の問題について専門的に扱っている弁護士を探しましょう。交通事故の問題は専門性が高いため、こちらを専門にしていて、しっかりと実績のある弁護士に依頼をするべきなのです。たとえばサイトをチェックして、プロフィールのところにこれまでの実績や専門分野が記載されていることが多いです。そこに交通事故に関する記載があるならば、この分野を専門としている可能性が高いでしょう。

また、実際に相談をすることも大切です。そこで実際に会って話をすることによって、いろいろな点をチェックできます。たとえば分かりやすく説明をしてくれることは大切でしょう。後遺障害についてや等級認定について、素人にも分かりやすい説明ができる弁護士であれば信頼できるでしょう。また、具体的にどのくらいの慰謝料を得られるのかきちんと計算をして示してくれる弁護士を利用しましょう。人間的に信頼できそうかどうかも大切です。直感も重視するとよいでしょう。相性の問題もあるからです。


関連記事

  1. 交通事故と弁護士
  2. 弁護士相談のメリット