交通事故交通事故はさまざまな形で起きています。たとえば車同士が衝突したり、車と歩行者や自転車に乗っている人が衝突することもあります。いずれにしても、車が衝突するときの衝撃というのはとても大きなものがあります。そのため、それによって被害者は怪我をしてしまう可能性があるのです。最悪の場合は死んでしまうことも珍しくないでしょう。奇跡的に無傷で助かるということもあります。

ただし、一見無傷なように思われても実はいろいろな障害が残っている可能性があります。それが後遺障害です。交通事故によって後遺症が残ってしまうことがあるのです。その中には後で発覚するようなものもあります。身体的な障害から精神的な障害まであります。器質的なものだけではなくて、非器質的な障害も存在しています。交通事故の後遺症に悩まされている方はたくさんいるのです。

もし交通事故で後遺症が残ってしまったならば、それについて損害賠償を請求することができます。そのための権利は法律によって認められているのです。その際に基準となるのは後遺障害の等級認定というものです。個別に賠償額を算出するのではなくて、一定の基準が設けられており、そちらを参考にしながら賠償額を計算するようになっているのです。

もし後遺障害があるならば、それについて等級認定を受けて、損害賠償を請求することになるでしょう。その際には弁護士に相談をすることをおすすめします。弁護士を頼るメリットはたくさんあるのです。こちらでは一体どのようなメリットが存在しているのかを紹介しましょう。


関連記事

  1. 弁護士相談のメリット
  2. 弁護士の選び方